震災支援|むかわ町と厚真町でパステル講座

9月にむかわ町、11月に厚真町に行ってきました。

震災支援のパステルワークショップ。

ゆるーく続けて、今年で2年目になります。


11月の厚真町

前回は3月だったので、7か月振りになりましたが、「前回が楽しかったから」とたくさんの方にお越しいただき、のんびり、気分転換の時間になったと話してくださって、 パステルはいつも、「行って良かった~」「やってよかったー」と思うのです。 


厚真町の災害復旧工事

前回よりも、工事の場所が増えていました。

まだまだ、ぼこぼこ道状態でしたが、着工できていることが前進してるなと感じました。


9月のむかわ町

むしむしした日、小学生が描いたスイカに涼しい気分になりました☆


なんと遠方からも

むかわ町のパステル講座には、なんと遠方から来て下さる方もいて、ここで支援をしているという情報が広がっているようで、とても嬉しいです。

一緒に活動をと声をかけてくださる足湯隊の方からは、パステルとコラボすることで、お子さんの参加が増えていると聞き、改めて、年齢問わずできるこのパステルの魅力を実感☆


細く長く続けていきたいなと思います。

むかわ町は法城寺と言うお寺をお借りして活動しているのですが、鐘撞堂が被害にあい、復旧のめどが立っていません。 大工さんが、本物と同じ縮尺で作ってくれたそうです。たくさんの方の思いやりで、毎日が回っているのですね。



日常の一部のような支援

現地に行くと、足湯だけでなく、マッサージのいっぽんさんやお茶カフェのラリーさんなど、いろいろな方にお会いします。

パステルの震災支援の活動は、私一人でも負担のない範囲で活動しています。たまに、頻繁に行けないことが残念な気持ちになることもありますが、自分の今の生活の中でもできることを続けていくことが大切だよね。と考えるようにして、焦らず、ゆったりとした気持ちで取り組んています。


むかわ町や厚真町は雪の少ない地域ですが、運転が心配なので、冬はお休みしています。数か月空いても、皆さん、歓迎してくれるので、すっかり、こちらも馴染むことができました。 夏休みは子どもたちも一緒に行ったので、今日は一緒じゃないの?と、子どもたちも歓迎してくれて、インスタ見てます!って言ってもらえたり。 顔の見える支援の機会に感謝するばかりです。 また来年、いきますね♪   

ToLike代表 竹村真奈美

楽に楽しくを提供する 札幌市|パソコンとJPHAA認定パステル和アートのインストラクター竹村真奈美の公式ブログ