物販|ワゴンの法則

やるからには売るんだ!と言う意識を持つ

ハンドメイド系の方に「趣味の延長でやっているので、材料費分くらい売れればいいの…」と言う女性が多いですよね。

それ、本当ですか?

せっかく丁寧に作っているんだから、しっかり売りたいと思いませんか?


私は、しっかりガッツリ売りたい!と言う女性に出会いたいです。



どんな風に陳列しますか?

ハンドメイドをしている友人で、年に数回イベントに参加して1回(平均2日間のイベント)に4万円~7万円売上げる友人がいます。売上の幅は、単純に納品できた商品の数で左右するそうです。

イベントはブースのコマが決まっていて、商品の整理が大変ですよね。

ピアスなどを一点ずつかけたり並べたりする方もいるでしょうし、布物は、生地の柄が見やすいように、極力平置きにする方もいるかも知れませんね。



ワゴンの法則を導入して、均一商品をいくつか

※「ワゴンの法則」は私が勝手に名付けたもので、「バンドワゴン効果」と言う営業向けマーケティング用語があるようですが、全く関係ありません。


仮にピアスでいきましょう。

あなたの商品で

  • 一番高価なモノが1400円(松)
  • 中堅クラスが700~1200円(竹)
  • 安価なものが500円(梅)

としましょう。


去年から売れ残っているものや、コスパの良い、中堅クラスの商品を、ワゴン均一商品として、1000円で販売するエリアを作りましょう。感覚的には、ワゴンセールのイメージですが、セールではないし、陳列は丁寧に。

一つ一つ、土台をつけて、透明に袋に入れたピアスを、DIYしたような木製のかわいいケースか何かに、並べて入れる。


“均一”が、なんとなく安い印象を与えて、何か買いたい…と思ったときに手に取りやすくさせます。

また、一つの箱に、いくつか入っていることで、より良いもの“探すぞ!”と興味をそそります。


この場合、商品の価格設定(松竹梅)のうち(竹)をそれに設定するから、より効果がでます。

売れなかったかもしれない商品が一つ、売れるようになります。



商品の価格はあなたの価値

結果的に700円の商品を1000円で売ってしまった。と思うなら、モノを売り続けていくのは、難しいでしょう。もちろん、1200円のモノが1000円で売れていくかもしれない。

どの業界でも、商品の価値はあなたで決まります。

素材に拘って、丁寧に思いを込めて作っているのは、誰でも一緒です。

最初に紹介した友人も、友人の作品だから。年に数回しかイベントにでないから…“作家さん(人)”の価値が商品の価格になります。


そもそも、原価から粗利率など計算して売価をつけていますか?なんとなく…とか、同業がこのくらいだから…と、そう言った基準で決める方が多いのではないでしょうか?


売れなければ、あなたの商品の価値は上がらず、1000円どころか500円のモノを販売するのも苦しくなります。


どうやったら、売れるのか。作って売る場所を探すだけでなく、“売り方”も考えましょう!



ToLike代表 竹村真奈美

楽に楽しくを提供する 札幌市南区|パソコンとJPHAA認定パステル和アートのインストラクター竹村真奈美のブログ