PC|Wordの段組みを活用した書類作成のコツ


パソコンインストラクター竹村真奈美のHP

Word|おうち起業用の利用説明書や申込書を自作する

DCMホーマック西岡店でのカルチャー教室が決まったので、利用説明書と申込書を作りました☆


余裕をもって作成し、何度も見直します。

時間がたつと、変な表現や漏れに気が付きますよね。



▼ホーマック西岡店カルチャー教室の利用説明書と申込書

Wordです。

紙のサイズはA4を横置きにして作成しました。




書類の内容

(左)当教室の利用説明書:お客様控え

(右)申込書:講師控え


入会金などは頂かず、「来れるときに来る」スタンスで運営していきたいと思っているので、「規約」や「入会申込書」など固い内容ではなく、教室の利用方法(予約や開講時間)について、私が忘れないように説明しやすく書面に起こしたものです。


お客様控えとして、講師の連絡先も記載しました。

これを機に、取りっぱなしになっていた、LINE@も積極的に活用しようと思います☆




Wordでの書類の作り方、段組みの活用

紙のサイズはA4を横置きにして、Wordの「段組み」と言う機能を使って左右に分けています。

中央の線は段組み機能の「境界線を引く」をオンにしています。

講師控え用はパンチで穴を開けて保管するので、中央からの余白を多めに取っています。


お客様に説明しながらチェックを記入していくチェックボックスは記号の四角□です。

文字の間隔は、スペースを入れることによって簡単にタイトルっぽくなります。※文字数が少ない場合におススメです。



段区切りのショートカット

段組み内で使う「ここから次の段」の設定ですが、便利なショートカットキーがあります。


▼段区切りのショートカット

〔Shift〕+〔Ctrl〕+〔Enter〕


▶〔Shift〕+〔Ctrl〕を押した状態で最後に〔Enter〕を押します。

次の段から始めたい文字の前をクリックして、ショートカットキーを押すと、次の段の先頭に移動します。


段組みはチラシや三つ折りパンフレットを作る場合にも活躍します。中級クラスの機能ですが、ぜひチェックしてみてください☆彡






https://pc-takemu.amebaownd.com/posts/2400894

おうち教室_takemu

【澄川駅から徒歩3分】 札幌市南区のパソコンとJPHAA認定パステル和アートおうち教室 * たくさんのおうち教室の中から、当教室を見つけてくださり、 ありがとうございます。 パソコンもパステルも技術の習得だけでなく、学んでいる時間、描いている時間も楽しく、幅を広げて活用ができるような、レッスンを心がけています。 自分と向き合う時間をゆったり過ごす場所として、ぜひお越しください。